*

「所有」しないと気が済まない?

      2016/02/03

そもそも車を「所有」しなければならないのでしょうか?

「所有」というものは「自分の好きなように使いたい」「いつでも手放せるようにしておきたい」という気持ちの表れだと思いますが、逆に「所有」することが「負担」になっていませんか?

少しずつ落ちていく砂時計を想像して下さい。

家でも車でも、名義があなたのものに変わった瞬間から、毎日その価値が落ちていきます。

ならば「所有」という考えを捨て、「レンタル」「リース」という選択はできませんか?

普段は乗らないから、必要なときだけ借りたいのならば「レンタル」でいいし、普段から使いたいなら「リース」でいいのではないでしょうか。

パワーショベルやダンプカーなどの大型建設機械や車両は「レンタル」や「リース」をするのが建設屋さんの常識です。毎日使う訳でもないのに、パワーショベルやダンプカーを所有して敷地に置いておくというのは、経営の観点から言えば不経済なのです(「減価償却」という経理用語をご存知の方にはご理解頂けると思います)。

「カーリース」は、車を「所有」することから、我々を解放してくれる新しいしくみなのです。
 

 - 車を所有したいですか? , , ,