*

古い中古車で消耗しないで!

   

私は地方都市の小さな整備工場で自動車整備士をやってます。一人社長です。

私の思いを語ります。

お金がない。だから古い中古車でガマンする。
新車は高い。だから新車に乗ったことない。

そうおっしゃるお客さんを何人も見てきました。

古い中古車は、色んな所に問題を抱えています。

ブーツが破れ、グリースが飛び散っている。
ゴムがすり減り、ガタガタ音がする。
エンジンオイルが漏れ、黒いシミが駐車場に残る。
ヘッドライトのレンズが黄ばみ、前がよく見えない。
フレームがサビて、穴が空いている。

もちろん私は自動車整備士ですから、部品代と工賃を出していただけるのでしたらいくらでも修理はやります。

でも、そもそもお金がなくて古い中古車に乗っているのですから、修理代に大金はかけられないのです。だから最低限の修理だけをして、だましだまし乗るのです。

そうやって修理した車を受け取ったお客さんが、ため息を吐きながら仕方なく修理代を支払う。

そんな姿を見て、私が嬉しいでしょうか?
そんな金を手にして、嬉しいでしょうか?

だから私は思うのです。

新車に乗る喜びを知ってほしい、と。
 

 - 私の思い , , ,