*

車検が短い・車検切れ

      2016/01/29

車検が短い、もしくは車検が切れている中古車の場合、どのような問題が発生するのでしょうか。

当然車検を取るために、車両本体価格以外に、諸経費(自賠責、重量税、印紙代)、基本料、部品代、工賃、ナンバープレート代、車庫証明費用など、様々な費用が発生します。

それだけ費用をかけてでもちゃんと整備してくれればいいのですが、中には「車検を通すだけ」という最低限の整備しかしない業者もいますから、要注意です。

車両本体価格にこれらの費用が上乗せされるとかなり割高になりますので、車両本体価格だけで中古車を選ぶと痛い目に遭います。

車検が長い場合でも、油断はできません。

私が知っているだけでも、車検を通したばかりの車のブレーキパッドが残厚1ミリだった(新品なら10ミリ)、バッテリーのマイナス端子が割れていた、タイヤやベルト、ブーツ類がヒビだらけだった、フレームの穴をアルミテープで塞いだだけなど、様々な問題がありました。

こういう車をつかまされてしまったら最後、買った値段と同じだけの整備料金がかかってしまい、財布から次々とお金が消えていきます。

しっかりと車検整備をしてから渡してくれる業者を、素人のあなたが探せますか?
 

 - 中古車のバッドループ , , ,